EXAMPLEこれまでの事例

  • EXAMPLE 30代のアメリカ人男性

    オープンマインド 1例目 内面とつながっていた飲酒やほかの行動

    複雑な家庭環境で育ったアフリカ系の男性。カウンセリングを始めたきっかけは職場のストレスとアルコールの問題でした。最初の数回はいろいろ混乱していたようでしたが、あるとき自分のこころの状態や気持ちと行動がつながっていることに気づき、だんだんと自分の行動や選択を変えていけるようになりました。職場の状況はあまり変わりませんでしたがある程度受け入れ、アルコール、過食、運動不足などの問題は改善しました。「自分の内側の状態と、行動がつながっていると気づけたのが大きかった」、「話すことのできる誰かがいるということが、助けになった」とおっしゃっていました。
    (対面、英語、全12回)
  • EXAMPLE 30代、海外在住の日本人女性

    オープンマインド 2例目 海外在住のストレスと相手探し

    2年以上継続してもらっています。はじめはシェアハウス同居人についての悩みでしたが、徐々に海外で暮らすストレスや仕事、人間関係の悩み、今後のキャリアのことなどについても相談していただくようになりました。一時期先の見えない恋愛関係にはまっていましたが、そこからも抜け出すことができ、現在では永い関係になるかもしれない相手とつきあっています。「カウンセリングを楽しみにしている」とおっしゃっており、今では定期的に自分を振り返り、キャリアアップを図るための機会として活用していただいています。
    (スカイプ、長期、継続中)
  • EXAMPLE 10代、日本人女性

    オープンマインド 3例目 不登校と摂食障害傾向のある中学生

    以前不登校の時期があり、復学したものその後もときどき学校を休んでしまったり、また体型や体重が気になって摂食障害気味のときもあったりしました。勉強はよくでき、自分への評価が辛く、完璧主義的な傾向がありました。友だちの話は聞けても自分の話や気持ちを話すのは苦手と言っていましたが、やがてカウンセリングを自分の気持ちを話すことができる場として評価してもらいました。以前からうつもあったが、自分である程度つきあっていけるようになったと言ってました。
    (対面、約8か月)
1 / 212
オープンマインド

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-2065-4357