誰かに聞いてほしかった話を
聞いてもらえる場所がある

東京・渋谷・五反田「オープンマインド」
元ニューヨーカーの心理療法士・心理学者カウンセラーによる、
カウンセリングルームです

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

オープンマインドについて

About

心の悩みを安心して相談していただける「場」であることを第一としています。

友だちや家族にも言えないことを抱えている、言っても理解してもらえないなどはストレスとなり、メンタルヘルスにも影響してきます。
そのため、オープンマインドでは心の悩みを安心して相談していただける「場」であることを第一としています。
人生の変化には不安がつきものですが、こうした人生の変化や迷いの時期(移行期)にサポートを得ることによって、必要なことを回避したりすることなく変わっていくプロセスを進んでいくことができます。
オープンマインドで提供するのはそうしたサポートです。
2015年に開業したオープンマインドではこれまで特に海外経験のある方、バイリンガルの方などに実績があります。帰国子女の方、外国人の方、国際結婚をされている方など多いですが、もちろんそうでない方々もおられます。
長期的な取り組みを可能とする精神分析的アプローチを主体としていますが、クライアントの方のニーズにより、より短期的のもの(5,6回~数ヶ月)など、フレキシブルに対応いたします。

オープンマインド代表 鶴田みさ

一橋大学法学部卒。メーカー勤務後、渡米の機会を得てニューヨークで心理学を学ぶ。心理学修士(New York University)、心理学博士(PhD, The New School for Social Researchより)。現地では精神科病棟、クリニック、学校などで心理実習(アセスメント、心理療法)も行い、また個人分析も受ける。これまで産業カウンセリング(EAP)や学校カウンセラーも経験している。また、企業研修も行っている。 

 

このようなお悩みを改善・解決します

Problem

  1. 気持ちや気分の悩み

    気持ちがスッキリしない、モヤモヤする、うつっぽい、気分が上がらない、あれこれ心配、不安である、など

  2. 自分について、その他の悩み

    自己肯定感が低い、悪夢や気になる夢を見る、目標がない、など

  3. 人間関係の悩み

    人間関係が長続きしない、人づきあいが苦手、人となじまない、パートナーと出会えない、異性と上手くいかない、異性が苦手、など

  4. 適応の問題

    海外から帰国したが、日本に馴染まない、あるいはその逆、いじめ・虐待・被災などの過去のトラウマやネガティブな体験に悩まされている

  5. 障害や症状に関する問題

    過去に認知行動療法やほかの療法を受けたが、合わなかったか、症状が戻ってきてしまった、精神科や心療内科に通っているが、薬だけに頼りたくない、誰かにじっくり話を聞いてもらいたい、診断や精神障害などがあるが、復学や就労など、もっとチャレンジしていきたい、など

オープンマインドでは、精神分析的アプローチで
生きづらさの問題に取り組んでいきます

Approach

精神分析的アプローチとは

生きづらさを減らし、生きる充実感(fulfillment)を増していけたらいいと思いませんか? そのようなことは、精神分析的アプローチにより、子どものときの経験(親子関係、家族関係、トラウマ的な体験、環境など)と大人になってから経験する症状や生き方、人間関係のパターンの関係を見ていくことにより、可能となります。このような作業のためには、なんでも話すことができ安心できる場が必要です。

精神分析的アプローチでは、クライアントは自分の赴くままに話をし、共感的に聞いてもらい、セラピストからコミュニケーションや人間関係についてのフィードバック(コメント、解釈)をもらいます。人間関係のパターンなどはセラピストとの間で再演・再現されることもしばしばありますが、それが変化のきっかけとなるのです。

セラピストは、精神分析的なプログラムの臨床心理学博士課程に学び、また精神分析インスティテュートの実習生でもありました。どの方にもまったく同じアプローチというより、その方に合ったコミュニケーション方法を用いつつ、心理療法を行っていきます。

 

事例のご紹介

Example

ブログ

Blog

  • パニック障害・パニック発作の認知行動アプローチのご紹介
    心理療法・カウンセリング

    パニック障害・パニック発作の認知行動アプローチのご紹介

    2024.05.21

    以前にもご案内したことがありますが、オープンマインドではパニック障害・パニック発作向けの短期心理療法(4ヶ月~5ヶ月程度)をやっています。 パニック発作は突然に強い不安や身体症状が感じられるもので、そ...

  • 身体症状とこころの状態の関係とは? -ソマティックな視点
    身体・心身二元論・ソマティック

    身体症状とこころの状態の関係とは? -ソマティックな視点

    2024.05.16

    レストランやカフェなどにいると、よく健康状態や病気などの話をしている人がいます。やはりある程度の年齢以上の人が多いですが、その話題がなくなったらなにを話すのだろう? と思うくらい、そればかり話していそ...

  • エリザベス・キューブラー=ロスの「悲嘆の5段階」
    トラウマ・PTSD

    エリザベス・キューブラー=ロスの「悲嘆の5段階」

    2024.05.13

    あるところで、この重要な理論・モデルについてリマインドされたため、書いています。一時期よりは、あまり話題にされないように思うのですが気のせいでしょうか。提唱・出版されてだいぶ時間が経っているというのも...

  • 女性も自分や自分の人生を「取り戻す」ことができる
    女性・ジェンダー・LGBTQ+

    女性も自分や自分の人生を「取り戻す」ことができる

    2024.04.25

    日本でもここしばらくは、男女の不平等や、女性がもっと社会に進出できることなどが非常にひんぱんに話題になっています。そうしたとき、よくある視点が男女の差や不平等を数値化したり、国際的に比較したりするもの...

  • 5/18(土)「【臨床セミナー】トラウマとは何か その種類とは」を開催いたします
    イベント・ワークショップ・研修

    5/18(土)「【臨床セミナー】トラウマとは何か その種類とは」を開催いたします

    2024.04.11

    そもそも「トラウマ」とは何なのでしょうか? どのように働くのでしょうか? トラウマは通常統合されたシステムの「外」にあると考えられるため、トラウマの視点があるとないとでは、ものの見方・見え方がだいぶ違...

  • 性的虐待サバイバーと心理療法
    トラウマ・PTSD

    性的虐待サバイバーと心理療法

    2024.03.15

    いわゆる「子どもの虐待」にはいくつかの種類がありますが(身体的虐待、性的虐待、情緒的・心理的虐待、ネグレクト)、そのうち性的虐待はもっともタブー性が高く、世間でも理解・認知されていないものかもしれませ...