誰かに聞いてほしかった話を
聞いてもらえる場所がある

東京・渋谷・五反田「オープンマインド」
元ニューヨーカーの心理療法士・心理学者カウンセラーによる、
カウンセリングルームです

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

オープンマインドについて

About

心の悩みを安心して相談していただける「場」であることを第一としています。

友だちや家族にも言えないことを抱えている、言っても理解してもらえないなどはストレスとなり、メンタルヘルスにも影響してきます。
そのため、オープンマインドでは心の悩みを安心して相談していただける「場」であることを第一としています。
人生の変化には不安がつきものですが、こうした人生の移行期にサポートを得ることによって、必要なことを回避したりすることなく変わっていくプロセスを進んでいくことができます。
オープンマインドで提供するのはそうしたサポートです。
2015年に開業したオープンマインドではこれまで特に海外経験のある方、バイリンガルの方などに実績があります。
長期的な取り組みを可能とする精神分析的アプローチを主体としていますが、クライアントの方のニーズにより、より短期的なアプローチなどを含め、フレキシブルに対応いたします。

オープンマインド代表 鶴田みさ

一橋大学法学部卒。メーカー勤務後、渡米の機会を得てニューヨークで心理学を学ぶ。心理学修士(New York University)、心理学博士(PhD, The New School for Social Researchより)。現地では病院、クリニック、学校などで心理実習(アセスメント、心理療法)も行う。 

 

このようなお悩みを改善・解決します

Problem

  1. 気持ちや気分の悩み

    気持ちがスッキリしない、モヤモヤする、うつっぽい、気分が上がらない、あれこれ心配、不安である、など

  2. 自分について、その他の悩み

    自己肯定感が低い、悪夢や気になる夢を見る、目標がない、など

  3. 人間関係の悩み

    人間関係が長続きしない、人づきあいが苦手、人となじまない、パートナーと出会えない、異性と上手くいかない、異性が苦手、など

  4. 適応の問題

    海外から帰国したが、日本に馴染まない、あるいはその逆、いじめ・虐待・被災などの過去のトラウマやネガティブな体験に悩まされている

  5. 障害や症状に関する問題

    過去に認知行動療法やほかの療法を受けたが、合わなかったか、症状が戻ってきてしまった、精神科や心療内科に通っているが、薬だけに頼りたくない、誰かにじっくり話を聞いてもらいたい、診断や精神障害などがあるが、復学や就労など、もっとチャレンジしていきたい、など

オープンマインドでは、精神分析的アプローチで
問題解決に導いていきます

Approach

精神分析的アプローチとは

精神分析的アプローチとは、ごく簡単に言えば、子どものときの経験(親子関係、家族関係、トラウマ、環境など)が大人になって経験する症状や人間関係のパターンに影響しているというものです。

精神分析的アプローチでは、セラピストが具体的な「アドバイス」をするというよりは、話をじっくり聞きコミュニケーションや改善の方法を模索しつつ、適宜フィードバックを行っていくという方法で成り立っています。

セラピストは、精神分析的なプログラムの臨床心理学博士課程に学びましたので、どの方にも同じアプローチというより、その方に合ったコミュニケーション方法を用いつつ、カウンセリングを行っていきます。

 

事例のご紹介

Example

  • 事例:異文化で学び働くストレス(日本人女性、オンライン)
    個人様のご相談事例

    事例:異文化で学び働くストレス(日本人女性、オンライン)

    2022.04.25

    30代で大学院留学し、最初はシェアハウスなどでの人間関係の悩みがあった。 その後現地で仕事をするようになるものの、人間関係や異性関係の苦手感やストレスがつづいた。あるときから自分の気持ちにフタをしたま...

  • 事例:摂食障害のある女性(20代アメリカ人、対面、英語)
    個人様のご相談事例

    事例:摂食障害のある女性(20代アメリカ人、対面、英語)

    2022.04.25

    以前から摂食障害(過食嘔吐)があったが、摂食障害専門の栄養士の助けを借りて体重をモニターしなくなった。 子どものとき性的虐待をされたのではないかという疑いを抱いている。いまだに見かけや食に関する心配や...

  • 事例:入院歴のある30代女性(対面→オンライン)
    個人様のご相談事例

    事例:入院歴のある30代女性(対面→オンライン)

    2022.04.25

    過去に診断として摂食障害、境界性人格障害、双極性障害などがある30代(開始当時)の既婚女性。 太ることへの恐怖が強く、ダイエット依存でもあった。ずっと精神科医の投薬もしているが、入院するような事態に陥...

  • 事例:摂食障害、不登校(10代女性、対面、英語)

    事例:摂食障害、不登校(10代女性、対面、英語)

    2022.04.25

    インターナショナル・スクールで出会った中学生の事例。両親とも日本人だが、アメリカに住んでいた期間が長く、東京でもインターナショナル・スクールに通っていた。不登校期間が長く、成績はいいもののむしろ交友関...

  • 事例:職場でのハラスメント(40代女性、産業カウンセリング、短期、対面)
    個人様のご相談事例

    事例:職場でのハラスメント(40代女性、産業カウンセリング、短期、対面)

    2022.04.25

    小規模な会社で働いている女性。職場に長いものの、最近人が入れ替わってしまったこともあり職場での立場が複雑になりハラスメントを受けていた。 家庭の現状から転職は避けたいということもあり転職を視野に入れず...

  • 事例(法人):緊急時介入(ポストベンション)
    法人様のご相談事例

    事例(法人):緊急時介入(ポストベンション)

    2022.04.25

    業務委託により、ある会社X社のリテール店舗で起こった出来事に介入した。 その店舗のある従業員が自宅で急死した。 事件性はなかったものの、それ以前から店員の間で存在したコミュニケーションや関係性のあり方...

ブログ

Blog

  • 安倍元総理の悲劇的な死を「トラウマ」として捉えると
    トラウマ・PTSD

    安倍元総理の悲劇的な死を「トラウマ」として捉えると

    2022.07.08

    オープンマインドは先月7周年を迎え、ホームページをリニューアルしたばかりですが、まさかその直後1本目のブログの内容がこのようなものになるとは、まったく思っていませんでした。今日の午後移動中に、安倍元総...

  • 進学・入学は当たり前のこと?

    進学・入学は当たり前のこと?

    2022.04.06

    桜が咲きかかってから気温が下がったり雨が降ったり、じらされましたがまた気温が上がって来、これでもう春になりそうですね。桜も(東京では)満開を過ぎ、花びらがひらひらし始めているように見えます。 当然のこ...

  • 人生100年時代だからこそ、メンタルにもじっくり取り組みたい

    人生100年時代だからこそ、メンタルにもじっくり取り組みたい

    2022.02.03

    最近では「人生100年時代」と言われていますね。実際に100年生きることを想像するのは難しいのですが、身の周りでも多くの人が90代に入っているのを見ると、たしかにそんなに例外的な話でもないのかもしれま...

  • English Counseling and Psychotherapy in Tokyo

    English Counseling and Psychotherapy in Tokyo

    2022.01.20

    I don’t know why, but I am aware that this website, though written in Japanese, has been visited by ...

  • 席を譲ってもらえなかった、目の見えない人

    席を譲ってもらえなかった、目の見えない人

    2022.01.07

    2022年が明けましたね。まだ松の内ではありますが、仕事始めを過ぎたという方も多いのではと思います。オープンマインドでは、昨日が仕事始めでした。(見事に雪に見舞われましたが!) 今年もどうぞよろしくお...

  • 「なぜ週1回のカウンセリング?」について

    「なぜ週1回のカウンセリング?」について

    2021.12.09

    オープンマインドでは、以前からアメブロ(openmind-psychology)もしていますが、その中で比較的よく読まれている(アクセス数上位に上がってくるものとして)ものに「なぜ週1回のカウンセリン...